管理会社変更に関するQ&A

管理会社の変更に関して、よくいただく質問をご紹介させていただきます。

独立系管理会社とはどういう意味なの?
独立系管理会社とは事業主を親会社に持たない管理会社のことを言います。それに対して、事業主を親会社に持つ管理会社はデベロッパー系管理会社と呼ばれています。
お見積や相談は無料でしてもらえるの?
もちろん、お見積りや相談は無料で行わさせていただきます。お気軽にお問い合わせ下さい。また、管理会社変更をどのように進めたらよいかわからないなどのご相談もみなさまの立場でサポートをさせていただきます。
管理会社を変更する際、どのようなサポートを行ってくれるの?
管理会社変更の検討段階から、総会開催のお手伝い、現行管理会社との引継などをサポート致します。
管理会社へ見積を依頼するときには、どのような資料を準備すればよいの?
現行の管理会社との委託契約書・各種保守点検報告書(消防設備法定点検・エレベーター・機械駐車設備、貯水槽等)、分譲時の販売パンフレット等をご準備いただくとズムーズにお見積りをすることができます。(ご準備できない物があればご相談ください。)
現行の管理委託仕様を変更される場合は、新しい仕様をご提示下さい。(ご要望などを面談でお聞かせいただいても結構です。)
現行の管理会社と契約期間中ですが、管理会社を変更できるの?
管理委託契約書で、契約期間、解約方法、解約までの期間を確認します。一般的には3ヶ月前までに書面(内容証明郵便・配達証明付)による管理会社への事前通知により中途解約することが可能です。(期間満了の場合でも契約期間満了の3ヶ月前までに通知が必要です。)
管理会社の変更を検討するときはどのような点に注意すればよいの?
管理委託の仕様を変更する場合は、無理な仕様にはなっていないか、組合員の要望をとり入れたものになっているかなどをよく検証しておくことが重要です。必要に応じて住民アンケートをとって意見を集約しておくことも重要です。
管理会社を変更するにはどのような手続きが必要なの?
組合員の意見も取り入れながら理事会で新しい管理会社1社を選定した後、総会(定期総会または臨時総会)での普通決議が必要となります。新管理会社への変更決議後すみやかに、現行管理会社に解約通知を行います。
管理を開始するのに、準備期間はどれくらい必要なの?
総会で決議してから、新旧管理会社による引継ぎ、管理費等の口座振替の手続きなどを行う準備期間として2〜3ヶ月間必要となります。
現在の管理員に引き続き当マンションで働いてもらうことは可能なの?
可能です。現在の管理員を継続することで、日常の清掃やゴミ出し、管理組合運営についてこれまでの経験を生かして、スムーズに業務が行えます。ただし、現行の管理会社の承諾と日本住宅管理と管理員の間で採用条件等の合意が必要となります。